知ってるワイフ第7話あらすじ(ネタバレ)今の妻・さやかとの価値観の違いにうんざりする元春・視聴率とみんなの反応は?



フジテレビの木曜ドラマ・知ってるワイフ第7話のあらすじや、みんなの感想・反応をご紹介します!

目次

知ってるワイフ第7話あらすじ(ネタバレ)

前回のラストは…。

元春が沙也佳に嘘をついて、澪と認知症の澪の母・久恵を探していたことを知った沙也佳。
元春と澪の関係を疑い、口論になってしまいます。

家を飛び出した沙也佳は、たまたま会った花屋の上原と飲みに行きます。
酔って家に帰宅。
裏のネット掲示板・ビハインドにあおい銀行世田谷支店・建石澪の本性というタイトルで書き込みをする。

あらすじ①沙也佳の裏掲示板の書き込みが問題に

元春は、家を飛び出した沙也佳を探しまわります。
家に帰ると沙也佳はすでにベッドで寝ていました。

翌朝、沙也佳の分の朝食にラップをかける元春。
元春が仕事に出かける時間に、沙也佳は起きませんでした。

津山は、澪を週末デートに誘います。
澪は、母が入院する(認知症の進行を確認する検査)からいけないと伝えます。

あおい銀行では沙也佳の書いた掲示板の書き込みが問題になります。

あおい銀行世田谷支店・建石澪の本性。

男なしでは生きていけないとんでもない女。
独身男も既婚者も次から次へと誘惑し関係を持っている。
本店からの異動の原因も男性問題らしい。おそらく整形美人。
こんな女と絶対関わっちゃダメ!!!

この書き込みに300件以上のコメントがついて、面白おかしく騒ぎ立てられていました。

行員に「誰かに恨まれているの?」と言われる澪ですが、心当たりはありません。
澪自身のことは信頼しているが、銀行のイメージが傷付くことが問題だと支店長に呼び出されてしまいます。

あらすじ②犯人だとバレるのを慌てる沙也佳

目が覚めた沙也佳は、昨夜自分がしたことを思い出します。
後悔し慌てた沙也佳は、削除しようとしますが方法がわからず諦めます。

元春は、もしかすると沙也佳が書き込んだのではないかと疑います。
沙也佳に「昨日はごめん。」と謝まりの電話を入れる元春でしたが、いくらなんでも沙也佳がそんなことをするわけないと、掲示板のことは聞けませんでした。

沙也佳の投稿のコメントに、面白がった誰かが支店の行員たちの写真を投稿。
話題の建石澪はこの中で誰かと特定しようとし、他の行員にまで迷惑がかかり始めます。
自分の誹謗中傷については気にしていなかった澪でしたが、これには腹を立てて調査会社に依頼して犯人を探すことにします。

澪は津山と投稿者を突き止めるため調査会社へ依頼に行きます。

津山の残業を代わることになった元春。
沙也佳に残業で帰りが遅くなると電話します。
今日は本当に残業かと疑う沙也佳に、残業の事情を説明します。

投稿の犯人探しをしていることを知った沙也佳は、どうしようと慌てます。
すると、ちょうど上原が花を届けに来ます。
気が動転している沙也佳は上原に助けを求めます。

投稿の削除に成功すると、喜びのあまり沙也佳は上原に抱きついてしまいます。

残業を終えた元春が帰宅。
沙也佳は「犯人は見つかった?」と聞きます。
投稿が削除されてわからなかったと聞き安堵する沙也佳。

元春は嘘をついたことを改めて謝罪し、仲直りします。

「今日はありがとう。お花代渡すのを忘れた。」と沙也佳が上原にメッセージを送ると、「沙也佳さんが注文していたというのは嘘で、俺からのプレゼント」との返信があります。
沙也佳は嬉しそうに微笑みます。

あらすじ③犯人は沙也佳ではないかと思う元春

仕事で元春が自宅のパソコンを開けたとき、ビハインドが検索された履歴を見てしまいます。
ビハインドを開くと、ユーザーIDにSaya-Kenzakiと入力されていました。

アクセスしてある形跡を見つけて、やっぱり沙也佳なのかと疑う元春。

その頃、木田となぎさの店で夕食を食べる津山と澪。
誹謗中傷を受けても元気な澪に、なぎさは感心します。
犯人が見つかったら告訴するつもり」と澪は言います。

元春は、公園でジェンガをする小池に、沙也佳が書き込みなんかするわけないと思う自分と沙也佳がやったのではないかと疑う自分がいて、まだ聞けていないと話します。

続けて、「小池さんはどうして、この世界にいるんですか?もしかして、俺と一緒ですか?今の人生にうまくいってなくて、過去を変えたとか?」と聞きます。

選択を変えれば、妻を変えれば、うまくいくとでも思っていたのか?」と元春に小池は言います。

あらすじ④元春が自分のことをよく知ってると感じる澪

以前、キャンプで澪が熱を出した時に買ってきた解熱剤を、職場の救急箱に入れた元春。

澪は、ふと救急箱の中の薬に気づきます。
不思議に思った澪は、「これ私が飲んでる薬なんですけど、あんまり売ってなくて珍しいんですよ。」と行員に伝えます。

その薬は今朝元春が入れたと聞き、驚く澪。

今までも澪が好きな飲み物を、いちごシェイクと当てたり、初めて行ったはずの店でも、澪の定番のいちごの杏仁豆腐を注文した元春を思い出します。

あらすじ⑤元春の母と澪の母が同じ病院に入院

明日は沙也佳の父の大切なパーティ(菊川財界賞の受賞?)で、沙也佳は張り切っています。
元春の着るものも用意し、美容院の予約も入れてありました。
父にとっても大切なパーティだが、元春にとっても人脈を作る大切なパーティだと伝えます。
元春は緊張してきたと尻込みします。

元春の母が、白内障の手術の為に入院するとなぎさから連絡があります。
お母さんがちょっと気持ちが沈んでて、お兄ちゃんに会いたいみたいなの。」となぎさは話します。

沙也佳に手術のことを伝え「一緒に病院に行かない?」と聞きます。
明日はパーティーの打ち合わせとエステの予約があるという沙也佳。

「いや、その前に寄れない?」ときくと、沙也佳はしぶしぶわかったといいます。

翌日、元春の母の見舞いに来たものの早々に沙也佳は帰ります
沙也佳が帰った後、元春の母は「あれは病院に来る格好じゃないね。」となぎさに言い、私たちとは住む世界が違う人だからとばかりに話します。

澪の母・久恵も同じ病院に入院しています。
澪が久恵の病室に行くと、久恵はどこかにいなくなっていました。
久恵はなぜか元春の母の病室に押しかけ、トランプをしていました。

元春の家族と澪と久恵で、トランプをして盛り上がります。

そのころ、津山は間違ってあおい銀行の行員・尾形(女性)に、澪宛てのメッセージを送ってしまいます。

お母さんの具合どう?

声が聞きたい。電話待ってる❤️

津山は慌てて、間違って友達宛てのメッセージを送信してしまったと送ります。
尾形は「了解です」のスタンプだけ送信。
❤️マークを見ながら「友達ね〜?」と呟きます。

あらすじ⑥寂しそうな母を気遣う元春

澪と久恵が自分の病室に帰ったあと、元春と元春の母は2人で話します。
澪さんいい人ね、私の思い描いた理想のお嫁さん。」と元春の母は言います。

元春は「彼女は今、津山と付き合ってるよ。」と答えます。
「津山くんは見る目あるわ。」と母は笑います。

結婚してからというもの、元春にあまり会えなくて寂しそうにする元春の母
元春の顔が見たくなったらまた入院しようかな。」と言います。

病院の玄関ロビーから沙也佳に電話する元春。
元春が、病院に泊まると伝えると「パーティーはどうするの?!」と心配する沙也佳。
元春は、ちゃんと明日間に合うように行くからと伝えます。

また、母を明日の退院後に通院の為、家に泊めてもいいかと聞きます。
なぎさの家に泊まる予定だったはずと沙也佳は不満そうにします。
なぎさ1人に任せられないからと頼む元春ですが、「明日だけはむり、わかるでしょ?」と断り、元春は諦めます。

あらすじ⑦犯人が誰なのかわかる

澪がちょうど帰るところで病院のロビーで2人は話をします。

澪は気になっていた薬のことを元春に聞きます。
「休憩室の薬箱の薬、どうしてあの薬を入れたんですか?」
元春はしばらく悩んで「薬剤師に勧められたから。」と答えます。

澪が帰ろうとすると着信があり「剣崎主任、調査会社からです!」と言い、電話に出ます。

IPアドレスの所有者の名前がわかり、名前を聞く澪。
驚き、しばらく沈黙します。

澪は電話を切った後、「全然知らない人でした!すぐに削除したし、告訴はやめようと思います!」と明るく元春に話します。

察した元春は「建石さん、申し訳ない、それとありがとう。」と答えます。

「何がですか?」という澪。
「色々と。」と元春は答えます。

澪も「ごめんなさい。それと感謝してます。」と言います。

元春も同じく「何が?」と返事。
澪は「私のために色々と。」と答え、病院から帰りました。

帰宅後、津山のメッセージに気づき、電話する澪。

「元気?」と津山に聞かれ、「津山主任の声聴いたらもっと元気になりました。」と答える澪。
「俺も」と津山も答え、ほのぼのと会話します。

あらすじ⑧パーティに行かず沙也佳と喧嘩

翌日、沙也佳に病院から電話をかける元春。
「ちーちゃんが熱出した。」と言います。
「まだ病院なの?!ちーちゃんて誰?!」と怒る沙也佳。

ちーちゃんはなぎさの娘で、今日はなぎさが母の面倒を見る予定でした。
木田は店があるから休めないし、自分が行くと言うと沙也佳は「店なんて休めばいい」と言います。
「予約のお客さんもいるし簡単には休めない」と答える元春。

パパにとっての大事なパーティーなのよ!たった1人の婿が来なかったらパパのメンツ丸潰れよ!」という沙也佳。

こっちだって初めての手術であと2日通院が残ってるんだ。」と元春が言うと、「命に関わることじゃないでしょ!」「来なかったら別れるから。」と沙也佳は言い電話を切ります。

元春の母を病院から送り、急いで帰宅してパーティに行く準備をします。

急いでいたため、パーティー会場に行く途中、元春は自転車をひきそうになります。

元春はため息をつき、何かを諦めます。
そして、ビールを片手に小池に会いにいきました

パーティに来なかった元春を家で待つ沙也佳。

帰宅した元春は「帰ってたんだ、パーティーは?」と沙也佳に言います。

沙也佳は「興味あるの?パパの顔は丸潰れ、私も恥をかいた!!」と元春を怒鳴ります。

「そればっかりだな、手術はどうだったとか聞かないのか」と呆れる元春。

「だから、命に関わるようなことじゃないでしょ!お父さんが店を休めば良かったのよ。言ってくれれば1日分の売り上げくらいだしてあげたのに。」と沙也佳は言います。

元春は「全部自分の思い通りじゃないと気が済まないのか。
自分の気が済むなら他人のことなんてどうでもいいのか?
どれだけ人を傷つけても腹いせができれば満足か?
どうして、あんな嘘書いて他人を落とし入れることができるんだ!
」と怒ります。

沙也佳は、「ビハインドのことね。」と言い、
「そうよ、私が書いたのよ!でも私を傷つけたのはあなたたちじゃない!!
モトくんかわったね…。前はなんでも私を優先してくれたのに…。」と答えます。

女神様の召使いだもんな。」と元春。

沙也佳は「は?そんなふうに思ってたの?思ってたんだ。」と言い、再び家を飛び出します。

沙也佳は、上原に会いにいき「どこかに連れてって。遠いところ。」と言います。

知ってるワイフ第7話 視聴率

関東地区のビデオリサーチ調べでは、世帯の平均視聴率は7.6%でした!

前回よりもやや下がりました。ドラマの中では視聴率ランキング10位だそうです。

知ってるワイフ視聴率

  • 1話6.1%
  • 2話7%
  • 3話6.5%
  • 4話7.6%
  • 5話7.8%
  • 6話7.8%
  • 7話7.6%

知ってるワイフ第7話 感想

今回も切なかったです。
澪が、犯人が沙也佳だとわかって告訴しませんって言ったシーンが良かったです。
澪と元春の心が通い合った感じがしました。

元春の家族と沙也佳がさっぱりうまくいっていない感じが表現されていましたね。
沙也佳から、元春の家族への敬意や配慮が全く感じられないところが残念なところですね…。
でもこれも積み重なってできた溝なのかもしれません。

あと、オフの日の津山主任がいいですね!
津山主任が素敵すぎて、澪と幸せになってほしいな〜と思ってしまいますが、物語の展開上そうはいかないでしょうね…。

今回ちょこっと出てきた尾形さんの私服が可愛いな〜と思いました!


知ってるワイフ第7話 みんなの反応は?

今回もやっぱり元春にイライラしている方が多かったです。笑
津山さん推しの方が多い感じします。

自分も義母とうまくいってない方は、尚更沙也佳に同情してしまいますよね。
本当、立場によって感じ方の違うドラマかもしれません。

このツイートを見て、なるほど!と思いました。
縁は切れないという物語の設定上、さらにそんな感じしますよね!
津山主任が結婚していた女性ともどこかで巡り会えるのでしょうか?

元春の車のナンバーが変わってるのを突っ込んでる方が結構いました。
皆さんよく見ていらっしゃいますね…!
わナンバーなのでレンタカーなのが笑えます。笑

次週も楽しみですね!



よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる