きつね・大津広次の学歴について!大学や高校はどこ?淡路幸誠とは中学校以外ずっと一緒



人気急上昇中の第七世代のお笑いコンビきつね。
今回は、きつね・大津広次さんの出身大学や高校をはじめ、大津さん自身について詳しく調べました!

目次

きつね・大津広次の出身大学はどこ?

大津広次さんの出身大学は、私立の桃山学院大学です。

偏差値は42.5~47.5だそうです。
大阪府の和泉市にあります。

ドランクドラゴンの塚地武雅さん、森脇健児さんが卒業なさっていました。

大津広次さんの出身学部までは調べられませんでした。

相方の淡路幸誠さんも同じ大学です。

きつね・大津広次の出身高校はどこ?

きつねの大津広次さんの出身高校は、大阪府立堺西高校です。
共学の公立高校で、偏差値は46だそうです。

相方の淡路幸誠さんも同じ高校です。

大津広次さんのツイッターに、高校時代の体育祭の画像がありました。
2番目に走っている人が淡路幸誠さんだそうです。

高校では、一緒の柔道サークルに所属していたそうです。
先を走っている野球部員さんのユニフォームに「NISHI」と書いてありますね!

淡路さんが中学入学時に引っ越したので、中学校のみ別々だったそうですが、学力が同じだったので、高校で再会したそうです。


きつね・大津広次の出身中学校はどこ?

大津広次さんの出身中学校は、堺市の公立中学校のようですが、詳しい学校名はわかりませんでした。

大津さんの行った中学は、かなりヤンキーが多いところだったそうです。

淡路さんとは中学が別でしたが、高校で再会したときに、お調子者だった大津さんの目つきが変わっていたそうです。
この世の底を見て帰ってきた感じで『幽遊白書』の仙水みたいだったと淡路さんは言っています。

大津さんは中学時代、イジられキャラで友達が多かったそうです。
イジりの度合いがわからないヤンキーの友達とつるんでいたので、靭帯を損傷したりもしたそうです。

大津さんは陸上競技部に入っていて、短距離走をやっていました。
しかし、一年でやめてしまったそうです。
実力は中の中とご本人がおっしゃっています。

ちなみに、淡路幸誠さんの出身中学校は、大阪府の堺市立三原台中学校だそうです。

同じく淡路幸誠さんは、陸上部で短距離走と跳躍をやっていました。
淡路さんは、三年間本気で部活をがんばっていたそうで、堺市の大会で三段跳びで1位になったことがあるそうです。

大津さんが陸上部に在籍していたときは、大会で淡路さんとも顔を合わせていたそうです。

大津さんの中学校は、三原台中学校ではないということですね。


きつね・大津広次の出身小学校はどこ?

きつねの2人は、小学校からの幼馴染みだそうです。

きつね・大津広次さんの出身小学校は、堺市内の公立校のようですが校名はわかりませんでした。

引っ越した淡路さんの出身中学校の校区の小学校はこちらになります。

  • 堺市立三原台小学校
  • 堺市立泉北高倉小学校

この二つの小学校ではないのだと思われます。

大津広次さんと淡路幸誠さんが仲良くなったきっかけは、「あ」と「お」で50音順で席が近かったからだそうです。

現在では「かっこいい」と言われている大津さんですが、小学生時代は太っていてかなりのお調子者で、モテるような感じではなかったそうです。

きつね・大津広次ってどんな人?

きつねの大津広次さんについてプロフィール等を詳しく調べました!
また、きつねのお二人がデビューするまでをまとめてみました。

きつねってどんな漫才コンビ?

きつねは、口ひげを付けて昭和を感じさせるダンスミュージックを使用した「歌謡漫才」が芸風です。
ツッコミの大津さんがウクレレ、ボケの淡路さんがDJマシンを使用しています。

  • コンビ名:きつね
  • コンビ結成:2014年4月
  • メンバー:ツッコミ・大津広次 ボケ・淡路幸誠
  • 事務所:ホリプロコム

きつねというコンビ名の由来は、二人共きつね顔だったからだそうです!
なるほど…わかる気がします。

最近は、「KOUGU維新」としての活動で人気がさらに出ています!
「KOUGU維新」工具が擬人化した2.7次元アイドルというコンセプト。
ネタと共に歌と殺陣を披露しています。

大津広次のプロフィール

本 名:大津広次(おおつひろつぐ)
出身地:大阪府堺市
誕生日:1989年7月24日生
血液型:o型
身 長:171cm
体 重:63kg

きつねのお二人は本名で活動していらっしゃいますね。

並ぶと結構身長差があるように見えますが、淡路さんは178センチで、大津さんは171センチの7センチ差です。

きつねがプロになるまで

きつねのお二人がどうやってお笑い芸人になっていったのか調べてみました!

きつねが芸人になったきっかけはスカウト

大学時代、きつねの2人は演劇部に入り、勢力争いに負けて落研になったとか。
その落研で単独ライブをしていたそうです。
芸人『ラーメンズ』に憧れていたので、ラーメンズにインスパイアされたネタを披露していたそうです。
学校も部活もずっと一緒ですね!!仲良しですね。

学園祭でミスコンのMCをネタも交えながらしていたところ、たまたま見に来ていた松竹芸能のマネージャーにスカウトされたのがプロになるきっかけだそうです。

そこで、特待生で大学二年生の時に大阪の松竹芸能に所属します。

この時スカウトされたメンバーは、きつねの2人に加えて他にも3人いたそうですが、どんどん減っていったそうです。

メンバーの1人は留学のためにメンバーを抜け、もう1人はネタ合わせに遅刻してきたことからクビとなったそうです。

クビになったのは、現在「シュテンドウジ」というお笑いコンビで活動している上田遼馬さんです。


結果、松竹時代は平井健一さんの3人での活動していたとのこと。

淡路さんは芸人になりたいとしか思えなかったので、大学を中退。
大津さんは親に「大学だけは出ろ」って言われ、大学を卒業。

松竹をやめて、東京行きの資金を貯めるために、淡路さんと平井さんは1年バイトして、その間に大津さんが大学を卒業したそうです。

上京後、ホリプロコムに所属

ホリプロ笑売塾(養成所)の所属をかけたライブで、ネタが仕上がってあとはやるだけってなったときに、平井さんが絵本作家と心理カウンセラーの2つの夢が生まれ辞めることになったそうです。

きつねはトリオではなくコンビに急遽変更したものの、ネタがウケて無事ホリプロに所属。
ここから今のきつねがスタートしていくそうです。

まとめ

以上、大津広次さんの学歴とプロフィールの紹介、きつねのデビューまでの道のりでした。

大津広次さんの今後がますます楽しみですね!

大津広次さんの関連記事はこちらです。




また、相方の淡路さんは番組企画で恋人が出来ましたね!
りかさんとの恋愛の様子をまとめた記事はこちらです。



よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる