小関裕太の両親はどんな人?父親・母親・妹について調査!英語がペラペラなのは父のおかげ



ドラマ「知ってるワイフ」など、いろんな作品で活躍中の小関裕太さん。
今回は、彼の家族に焦点を当てて調べてみました!

調べてみて、小関さんはあたたかな家族の中で大切に育てられてきたんだろうなあと印象を受けました。
そんな素敵なご家族のエピソードをご紹介します。

目次

小関裕太の父親について

小関さんは、どちらかというとお父さんに似ているとよく言われるそうです。
お父さんもきっとイケメンなんでしょうね!

お父さんに関してわかったエピソードをご紹介します。

父親の職業は会社員

小関さんの父親は、会社勤めをしていらっしゃるそうです。
残念ながら、詳しい職業はわかっていません。

小関さんは色んな習い事をさせてもらっていたことから、経済水準の高いご家庭だったのではと推測されています。

父親の性格は?


お父さんの性格は、努力家で粘り強い性格と小関さんがおっしゃっていました。

また、結婚記念日に母親にバラの花束をプレゼントなさったそうで、奥様をとても大切になさっているのが伝わりますね。
ロマンチックな方なのではと思います!

そして、ご両親は小関さんの出演作品は映画もドラマも全てご覧になっているそうです。
2015年の出演映画『あしたになれば。』をお父さんと一緒に観たとき、「こんな青春を過ごしたかった」といって、涙を流していたそうです。

自分の出演作品を見て、お父さんが泣いてくれるなんて嬉しかったでしょうね。

父親との仲良しエピソード

子役時代、お父さんに学校と「天才てれびくん」の収録の送り迎えをしてもらう車内で、よくTUBEやサザンオールスターズを一緒にハモったそうです。

また、大人になってから小関さんは自分からお父さんに「男飲みしようよ。僕が奢るからさ。」と誘ったそうです。
お父さんは「裕太と酒を飲めるようになったんだ。こんな日が来るとは思わなかった。」ととても嬉しそうに言っていたとのこと。
小関さんにとって忘れられない思い出になったそうです。

なかなか父親を飲みに誘ったり、ましてや奢るなんて親孝行だなあと感心してしまいました。
その思い出を大切に思っているところもとても素敵ですよね。
親子関係がとってもいいんだなと感じるお話ですよね!

小関裕太の英語力は父親のおかげ

小関さんは、NHK朝の連続テレビ小説『半分、青い。』で、英語の発音を披露していましたね!
なんと小関さんに英語を教えたのは、父親だそうです。

お父さんは会社員とのことですが、きっと英語が堪能なのでしょうね。

お父さんに英語を教えてもらいながら、ネイティブとコミュニケーションを取る機会を作ってもらって、自然と英語が話せるようになったそうです。

また、小関さんが幼稚園の年長のとき、映画『ハリー・ポッターと賢者の石』を11回も映画館に連れて行って貰ったそうです。

小関さんがハリーポッターが大好きでハマったからだそうですが、「どうせ観るんだったら字幕と日本語と交互に観せて、英語も学んで欲しい」という目論見もあったようです。

子どもの好きなものを利用した、すごく上手い英語教育だなと思います!

小関裕太の母親について

次は、小関裕太さんのお母さんについてです。

やりたいと言ったものに対してご両親が協力的で、小関さんは空手、水泳、ダンスと様々な習い事をしていたそうです。
ダンススクールに小さな事務所があったのがきっかけで、芸能界デビューをなさったとのことで、8歳で子役としてお仕事をしていました。

習い事や子役の仕事の送迎と、小関さんを常に支えていた優しいお母様なのだと思います。

母親の職業は元美容師

小関さんの母親は美容師だったそうです。
小関さん自身は美容師だった母親をみていないようなので、主婦になってお辞めになったのかもしれませんね。

「すごく感性が鋭いなって感じながら育ちました。物事を楽しんだり、どんなことにもポジティブでいられるところは、母から学びました。」


とインタビューで答えていらっしゃいました。

母から教わったこと

お母さんとのエピソードで、芸能界にデビューしたてのときに言われたお母さんからの言葉がとても素敵でした。


小関さんは、マネージャーに「小関君は挨拶をしない」と注意されたそうです。

小関さん自身はちゃんと挨拶をしていたつもりだったので、悔しくて泣きながら母親に「挨拶してるのに…」と泣いて訴えたとのこと。

それに対してお母さんは、「そうね、あなたはしているつもりなのよね。そう言われて辛かったね。でもね、挨拶って相手に聞こえて初めて挨拶って言うのよ。」と伝えたそうです。

「僕の気持ちを受け止めてくれた上で、でも甘えずに自分の足りない部分も見なくちゃいけないよと諭してくれたんです。
自分の気持ちだけじゃなくて、相手の立場に立って、何でも俯瞰して見ることが大切だと教えてくれました。」

母親として素晴らしい答え方だなと思いました。
見習いたいです…!

また、お母さんはいつも「こういうふうに言われたら嬉しいよね」とか「やる気がない子がいたら、どうしたらやる気が出るのか一緒に考えよう」というような声かけを、小関さんにしていたそうです。
なので、幼稚園の頃から元気のない子には話しかけるようにしていたとのこと。

子どもに気づきを与えられるような声かけをしているというのが、本当にすごいなと思います!

また、小関さんは怒ると冷静になるタイプだそうで、それはお母さん譲りだそう。

怒り散らしてる人ってあまり説得力がないなって小さい頃から思っていて。
親が説得力のある人だったからその姿を見て、怒ってるけど冷静に話してる人ってすごく刺さる言葉を話すよなって。

本当に怒ったとき、その「怒ってるよ」を伝えたいときは、冷静に話す癖がついちゃいました。
妹もそうなんですよ。母親に似て、それは2人とも。

VOGUE GIRL 

本当にその通りで…、自分も出来るだけ冷静に子どもに話をしようと反省しました。笑
小関さんのお母様に学ばせていただきました。笑


小関裕太の妹について

小関さんは2人きょうだいで、下にさんがいらっしゃるそうです。

妹が小関加奈という噂はデマ

小関さんと同じく『天才テレビくん』に出演していた小関加奈さんという方がいらっしゃるそうです。
この子役の方が妹では?と噂されていました。
しかし、こちらの小関加奈さんのプロフィールを見ると、小関裕太さんよりも月齢が上なので妹というのはデマなのではと思われます

珍しい名字が一緒だったから、そういう噂が立ってしまったのでしょうか…。

妹についてブログで触れている内容

小関さんはブログで妹さんのことについて書いていることもあります。

「妹が撮ると私はこんな顔になります」と言って、妹さんが撮った写真を載せたり、22歳の誕生日に妹さんにバッシュをプレゼントで買ってもらったことなどが書いてありました!

とってもきょうだい仲が良いのが伝わりますね。


小関裕太は反抗期がなかった?

なんと小関さんは、反抗期らしい反抗期がなかったそうです。

子役時代のお仕事、『天才てれびくんMAX』の収録は毎日あって、楽しかったけれど、学校との両立でかなり大変だったそうです。
ご両親は毎日送り迎えをしてくれたそうで、小関さんはご両親にとても感謝しているとのこと。

「両親には、ただ感謝しかなくて、振り返っても反抗期というものが無かったなと。
だから、役で親に反抗するシーンは苦労します(笑) 。
反抗するという気持ちが分からないんです。」

両親のことをこんなふうに語れるというのは、とっても素敵ですね!
反抗期がなかったというのは凄いです。

小関裕太はとっても親思い

小関さんとご家族の関係がとても良いことは、今までのエピソードで充分伝わるかと思います。

また、ご両親についてこんなふうにインタビューで答えていらっしゃいました。

「愛情たっぷりで育ててくれた両親の元を、今は僕も妹も出て暮らしています。
だから、きっと寂しい思いをしていると思うんですよ。
なので、僕は出来るだけ実家に帰るようにしているんです。」

「小さいころから、僕の希望を叶えてくれ、ずっと側に寄り添って大事に育ててくれたからこそ、僕も何事にも中途半端なことはせず、頑張らなきゃと思っているんです。」

ご両親に対して、感謝の気持ちをきちんと持って表現し、返していこうとしている姿勢が素晴らしいですよね。
良いご家庭で育たれたんだと感じるインタビューでした!

まとめ

小関裕太さんは、とてもあたたかなご両親と妹さんのいるご家庭で大切に育てられたのだなと思います。
素敵なご両親で、子育て中の私もとても学ぶところがありました!

芸歴が長く、実力派の小関さん。
ますます活躍していただきたいですね!



よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる