知ってるワイフ第3話 あらすじ(ネタバレ)視聴率・感想!元春が結婚生活を壊したのは自分だと気づく…みんなの反応は?



関ジャニ∞の大倉忠義さんが主演のドラマ・フジテレビ木曜午後10時からの「知ってるワイフ」第3話が1月21日に放送されました!
第3話の放送後は、「知ってるワイフ」がTwitterでトレンド1位になり、話題になっていました。
第3話の内容と視聴率、感想をまとめました!

目次

知ってるワイフ3話 あらすじ(ネタバレ)

知ってるワイフ第3話の内容をご紹介します。

2話の内容はこちらをどうぞ!

澪には前の人生の記憶がある?

元春は、バイクとぶつかりそうになった澪を「澪!」叫び、思わず抱きしめます。
そんな元春を不思議そうに見つめる澪は、
「剣崎主任もしかして…いえ、なんでもないです。」
と言いかけます。

もしや記憶があるのでは?と気になった元春は、何を言おうとしたのか聞き返します。

「剣崎主任が澪って呼んだ気がしてそのことを聞こうと思って」と答える澪。

職場も母のために家から1番近い場所を選んだと聞き、澪は自分と夫婦だったことも知らないし、職場で出会ったことも偶然だったと知り元春は安心します。

澪とは距離をとって同僚としてつきあうと決め、俺の運命の相手は沙也佳なんだと思い返す元春。



しかし、澪は、顔の分からない男性に澪と呼ばれてる夢をよく見ていました。
同じ夢を何回も見るなんて不思議だと母親に話します。

津山が澪に接近!

津山は澪を気になっており、「もしよかったらこのあと飯どう?」と食事に誘います。
澪は、母との約束を思い出し、昨日も遅かったから今日は早く帰ると断ります。
今度必ず行くので食べたいものを考えておきます!と答えてその場を離れます。
今のは社交辞令?と元春に聞く津山。
元春は「彼女のことだから本当に考えるのでは?」と伝えます。

澪と元春にしか分からないサイン

帰り道、元春が車を運転していると、自転車で空き缶を踏んで澪が転倒するのを目撃。
元春は一度は通り過ぎるものの、放って置けずに車を止め、澪の様子を見に行きます。
怪我の手当てをしている最中、銀行で振り込み詐欺の勉強会をした後だったため、澪は支店でも被害があったのかを元春に聞きます。
客が振り込め詐欺に遭っていそうな時の合図を決めましょうと言い、まばたきをする、鼻をつまむといったサインを提案。
元春は真剣に取り合わず、帰りましょうとあっさり流すのでした。

澪を送った後元春は、なぜ自分が転倒した澪に出くわすのか疑問に思います。
思いを巡らせていると元春は、謎の男・小池を再び偶然見つけます。

「悪い縁ってなかなか切れないってことなんでしょうかね?なぜ縁を切ったはずの妻が自分の前に現れたのでしょうか?」と尋ねる元春。
小池は「いくら人生を変えても、繋がりのある人間達は変わらない。必ず引き合い、目の前に現れる。」と答えます。

澪は、買い物帰りに元春の妹・なぎさと自転車でぶつかりそうに。
話している中で意気投合し、連絡先を交換します。

沙也佳のストレス

沙也佳は今の人生では、大学でチェロ講師をしています。
大学で教えていた学生に、大学時代の同級生がチャイコフスキーコンクールで優勝したことを聞きます。
「先輩、すごい人と同級生なんですね」と言われ、ショックを受けます。
(沙也佳は前の人生ではチェリストとして海外で活躍していました。)

沙也佳はストレスをブランド品を買うことで紛らわせます。
「こんなに買ったの?」と聞く元春に「大丈夫、20万は超えてないから〜」と答える沙也佳。
元春は前の人生で、澪にランチ代500円を50円あげてくれと頼みますが、冷たく却下されたことを思い出します。
ブランドを気軽に買い、高級肉をお取り寄せする沙也佳に対して、元春は「お嬢様だもんな…」と金銭感覚のズレを感じます

加えて、沙也佳の義父とも仕事のお金の話でかみ合わず、お互い気を遣うのでした。

澪はずっと働きたかった?

津山は「昨日建石さんとデートしたー!」と元春に報告。
デートはいい感じで、彼女のことをもっと知りたいと嬉しそうに話します。

「彼女ずっと仕事を続けたいって」と言う津山の発言を聞いて、元春は澪にプロポーズした時のことを思い出します。

就職活動中、内定がなかなか取れずにいた澪に「きっと内定取れるよ。取れなかったとしても俺と結婚しよう?」と言った元春。
あのとき結婚しようと言ったから、澪の自立する可能性を奪ってしまったのか?と思います。

澪の本当の望みは自立することで、俺は澪の望みを叶えてやれなかったんだと気づきます。
俺と出会わなくて良かった、俺たちは運命の相手ではなかったんだと元春はしみじみと思うのでした。

澪の本当の気持ちに気づいた元春

振り込み詐欺の可能性のある客がいたが、以前に話していた秘密のサインを使って2人で未然に防ぎ、解決。

警察に通報するのが通例だったところ、澪のやり方に合わせてくれた元春。
澪は「お礼におごります!」と元春を食事に誘います。

澪が連れてきたのは、2人の思い出の食堂でした。
元春は「どうしてうちの銀行入ったの?」と澪に聞きます。

内定が取れず、ファイナンシャルプランナーの資格を取った澪は、たまたまあおい銀行に入ったと話します。

仕事にやりがいはあるが、そのやりがいは「仕事」でなくてもいいと澪は話します。
専業主婦として過ごして、「旦那さんが笑ってくれてるだけでいいんです。」と言う澪。

澪が必ず頼むいちごの杏仁豆腐を自然にオーダーした元春。
澪は、いつも必ず頼む定番なんです!と驚きます。

食事が終わって店の外に出ると、雨が降っていて相合い傘をして帰る2人。
元春は学生の頃、元春のために傘を買いに行ってずぶ濡れで戻ってきた澪を思い出します。

夫婦になってからというもの、澪が夕飯を作ったのに、食べなかったり、休みの日にお弁当を作ったから子どもと遊びに行こうと澪が声をかけても寝ていたりした元春。
いつも笑顔でいた2人の関係は、少しずつ変わっていったのでした。

元春は、「澪の本当の望みはかなってた。俺は澪の望みをちゃんと叶えてやれてたのに、俺がぶち壊したのか。」と気づきます。

帰り際、「剣崎主任もしかして私を知っていますか?昔どこかであったことがありますか?懐かしさを感じるんです。いちごシェイクも杏仁豆腐も本当に偶然なんですか?」と澪は元春に聞きます。

元春は、本当に偶然で「初めて会ったのは建石さんが異動していた日」だと伝えます。

ところが、コンビニから出てきた澪の母は元春に抱きつき「うちの婿さん!」と言います。
「澪が怒ってばかりいるから、帰ってこなくなっちゃったのよ〜」と澪に言う母。
戸惑う元春と澪は…。

知ってるワイフ3話 視聴率

関東地区のビデオリサーチ調べでは、世帯の平均視聴率は6.5%でした!

2話からやや下がりましたが、1話よりは上昇していますね。

知ってるワイフ視聴率

  • 1話6.1%
  • 2話7%
  • 3話6.5%

知ってるワイフ3話 感想

タイムスリップ後の世界の澪は、本当に可愛いですね!
ネームプレート二回も落としたり、自転車でも転んだり失敗しがちでちょっとドジな感じで描かれています。

特に、サインを決めましょうと、変な顔をして鼻をつまむ澪がとっても可愛かったです!
元春は真剣には答えず、「帰りましょう。」とあっさりなのに立ち去りながら、見えないところでちょっと笑ってるのがキュンとしました。

他にも、澪を車の助手席に乗せたことを知った沙也佳が、
「私だけの運転手ってこと、覚えておいてね!」
と焼きもちを焼いているのに対して、「はーい」と気のない感じで微笑ましく返事している元春が良かったです。

沙也佳は、タイムスリップ前は渡米してチェリストとして楽団に入っていたのに、元春と結婚したことで渡米をやめています。
恋が実った代わりに、夢を諦めていてそのことでイライラしている様子が今回は描かれていました。

元春がタイムスリップしたことで大きく人生を変えたのは、沙也佳もでした。
でも、タイムスリップ前の人生で、チェリストとしての成功はしたものの、再会した元春に「昔好きだった」と伝えたのは、片思いに未練があったからなんでしょうね。
代わりに今の人生で、チェリストとしての夢に未練があるというのは、なんだか本当に人生って難しいなあと思ってしまいます。
ちょっとした選択の差で、人生って変化しているんだなと面白いですね。


知ってるワイフ3話 みんなの感想

澪がモンスターになったのは、元春が自分が悪かったのでは?とやっと気づいた回でした。
みんな「やっと気づいたか!!」という感想が多かったです。

また、澪に誘われてごはんに行くのを何故か断らない元春に、「妻が家で待ってるんだから断れ!」と結構ツッコミが入っていました。

知ってるワイフの夫婦の様子は結構リアルで、自分(もしくは相手)のことと重ねて見てしまう人が多いようです。

澪が晩ご飯にカニクリームコロッケを作ったのに、いらないと食べない元春。大倉くんは好きなようで、「食べて〜〜〜!」と言う声も。

知ってるワイフをあいみょんも見ている!

あいみょんがインスタのストーリーズに「知ってるワイフを楽しみにしている」という内容を打っているツイートをあげていました。
実際にTwitterには投稿されておらず、インスタのストーリーズ限定だったようですが、「あいみょんも見てる!」と話題になっていました。



よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる